治療期間|矯正治療や予防で歯を健康に|子供の歯を守るため

矯正治療や予防で歯を健康に|子供の歯を守るため

レディー

治療期間

歯型

矯正歯科で行なう事が出来る歯列矯正には非常に長い治療期間が必要になります。1年から数年という非常に長い期間が必要になるため、根気よく治療を続ける必要があります。しかし、そうした治療期間の長い治療であっても、自らのコンプレックスの解消に直結する治療であるため、多くの人が治療完了をしているのです。しかし、治療期間を短くするという方法も幾つか存在しています。その方法の1つが早いうちから矯正を行なうということになります。子供の頃に矯正を行なうメリットの1つが歯の移動が大人になってからよりも容易であるためです。その結果、治療完了までにかかる期間に大きな違いというのが生まれます。もちろん、大人になってから矯正を早く完了させると言う方法も存在しているので、永久歯に生え変わってから矯正治療を受けるという場合であっても、早期の治療完了が可能となっているのです。ですが、成人してからの場合では早期完了の為には新たな治療器具が必要となるため、治療費等が通常の矯正に比べて高くなってしまうというような場合もあります。

大人矯正の場合、顎の発達や永久歯が生えそろっているため子供の頃にやる矯正よりも時間が掛かってしまいます。ですが、今では大切な永久歯を抜く必要のない矯正方法もあります。自分にあった、矯正方法を見つけて矯正治療をスタートすることが大切です。また、今では分かりにくい矯正器具もあるため治療に少し時間が掛かっても安心して矯正を行なえます。